ジモット情報詳細

久留里城址資料館 令和4年度企画展「不思議な水の穴 -川廻し・二五穴・上総掘り-」

2022.09.01

イベント名 久留里城址資料館 令和4年度企画展「不思議な水の穴 -川廻し・二五穴・上総掘り-」
開催日時 2022年9月13日(火)~12月11日(日)
会 場 君津市立久留里城址資料館 2階展示室
開館時間 9:00~16:30
休館日 月曜日(9月19日、10月10日は開館)
祝日の翌日(9月20日、※9月27日、10月11日、11月4日、11月24日)※9月27日(火)は9月23日(祝金)の振替休館
費 用 無料
その他 <展示内容>
市域の地質・川廻し・二五穴・上総掘りに関する資料の展示
展示点数 約100点(実物資料50点・写真パネル50点)
関連行事等は君津市HPをご確認ください。
資料 企画展チラシ
ホームページ 君津市HP
お問い合わせ先 久留里城址資料館
千葉県君津市久留里字内山
Tel:0439-27-3478

君津市には、その降水量や地質構造などを背景として、県内の二大河川や豊富な地下水があり、「水」と「その利用」が市の個性となっています。中でも、水を導く「穴」が特徴の「川廻し(かわまわし)」「二五穴(にごぅあな)」「上総掘り(かずさぼり)」は、新田開発や水利の形態として、全国的に見てもユニークな技術や設備です。君津市域はこれらの代表的な所在地であり、君津から日本各地に広がった技術もあります。いずれも市域の特徴的な自然環境を巧みに利用したもので、現代まで維持されているものも少なくありません。3種の穴は、自然との共生の姿を伝える、生きた土木遺産でもあるのです。
既に「上総掘り」は、画期的な深井戸掘削工法として知られていますが、近年その景観や特異性に関心が高まる「川廻し」と、トンネル主体の用水路「二五穴」を含めて、ご紹介します。